サステナビリティ-環境

基本理念

 当社は、環境に配慮した事業運営を行う社会的責任の大きさを認識し、さまざまな技術革新と経営効率の向上により、環境保全と企業の持続的成長が両立する社会の実現に貢献してまいります。

行動指針

  1. 資源・エネルギーの有限性を認識し、その有効利用に努めます。

  2. 自然環境ならびに生物多様性の維持・環境保護に十分配慮します。

  3. 顧客へのクラウドサービス提供により環境負荷の低減に努めます。

  4. 在宅勤務など、社員の移動を伴わない働き方を推進します

  5. 環境関連法令、地域の条例・協定、ステークホルダーとの合意事項等を順守し、適切な対応を行います。

  6. 環境パフォーマンスを向上させるための環境マネジメントシステムを構築・運用して、目標の達成状況を定期的に評価し、継続的な改善を進めます。

推進体制

環境目標

  1. 自社の環境資源の有効活用
    • 単位売上当たりのCO2排出量の低減(前期比5%減)
    • 廃棄物のリサイクル率の向上(リサイクル率70%以上)

  2. 取引先企業の経営資源の効率化、事業継続性担保
    • クラウドサービスの提供(クラウド利用率70%以上)

  3. 柔軟で多様な職場環境の提供
    • テレワーク環境の整備(環境整備率100%)

  4. 法令の順守
    • 環境法令等の順守(違反ゼロ)

取り組み

  • クラウド化
  • 高度な環境性能を誇るデータセンター
  • サーバーの仮想化
  • ペーパーレスの推進
  • オフィスにおける省エネ、廃棄物排出量低減の推進
  • 在宅勤務など、社員の移動を伴わない働き方の推進
  • 夏季期間中の休暇取得の促進
  • 21時消灯
  • 分別ごみ廃棄
  • エコキャップ活動
  • クールビズ

実績

環境パフォーマンスデータ
(2021年3月期)
 1次エネルギー消費量:48,999(GJ)
 CO2排出量(スコープ1・2):2,137(tCO2)
PDF1ページ(443KB)
環境に配慮した自社ビル(LED、オフィス換気装置等) PDFコーポレートガイド2021
32ページ(2,281KB)

社名   :株式会社オービック
住所   :〒104-8328 東京都中央区京橋2-4-15 オービックビル
業務内容 :顧客から受注する、システム分析、設計、開発、保守業務

CDP質問書への回答

 CDPの気候変動に関する調査は、世界の時価総額上位の企業を対象に、企業の温室効果ガス排出削減活動や気候変動緩和対策の取り組みなどを調査するものです。
オービックは2021年度のCDP質問書に回答いたしました。