健康経営に関する取り組み

健康経営宣言

オービックは、お客様の持続的な成長をご支援することを理念に掲げています。


この理念は、社員が常にイノベーションし、十分に能力を発揮することで実現すると考えます。


そのためには、社員が健康で活き活きと働き、成長できる環境づくりが不可欠です。


当社は、1968年の創業当初から育んできた「家族主義(新卒主義)」のもと、


今後も社員の健康維持・増進に努めてまいります。



2020年4月
株式会社オービック
代表取締役社長 橘 昇一


健康経営の体制

  • 推進責任者である人事統括取締役のもと、部門横断的に社員の健康維持・増進のための施策を検討・実施する。
  • 社内でワークライフバランスの推進チームを立ち上げて、社員の声を拾いながら社員のライフワークバランスを管理する。

実施する取り組み・目標

  • ワークライフバランスを推進(労働時間の適正化、有給休暇の取得推進など)
  • 定期健康診断受診率、有所見者フォロー率の向上
  • 年1回の社員運動会の開催
  • 毎朝のラジオ体操の実施