これからが本番!「マイナンバー制度対応」「マイナンバー制度」への対応は万全ですか?

マイナンバー制度(社会保障・税番号制度)とは、国民1人ひとりとに唯一無二の番号を付すことで、縦割り制度による複数の機関に存在する個人の情報を、同一人の情報であると確認するための社会基盤(インフラ)です。 これによって社会保障・税制度の効率性・透明性を高め、国民にとって利便性の高い公平・公正な社会の実現、行政の業務効率化を目指しています。

制度のロードマップ

マイナンバー制度が与える企業への影響

  • 中小企業を含むすべての企業が対象となる
  • 全部署・全従業員に業務上で対応が必要
  • 罰則が厳格化

マイナンバー制度の施行により、企業はその利用の範囲において、さまざまな対応が求められます。また、その対象範囲は多岐にわたり、取扱いについては「特定個人情報」として扱われ、利用範囲が制限されるとともに、不正な取扱いをした場合においては厳しい罰則が規定されます。

セミナー講演レポート

オービック情報システムセミナーで講演した多数のセッションの中で、最新トレンド情報をピックアップ。セミナー講演内容の一部をダイジェストで紹介しています。

セミナー関連情報

オービックでは経営のヒントとなるセミナーを定期的に開催しています。マイナンバー関連のほか、経営やITの最新トレンド情報を発信しています。

OBIC7 各種ソリューション

統合業務ソフトウェア「OBIC7」の概要を紹介。会計を中心とした経営基盤を構築できるERPは、あらゆる業種・業界にも幅広く対応可能なソリューション。