オービック情報システムセミナー[2019年 新春]

価値ある情報が、事業戦略を加速する。

横浜会場では、「セミナー」「導入事例研究」「ワークショップ(個別相談)」「展示」の4つの切り口で発信します。
ERP&クラウドで実現する実践的ソリューション事例を数多く取り揃え、経営効果に直結する具体的なヒントをお届けします。

会期
2019年2月26日(火)〜28日(木)
会場名
横浜会場
会場場所
横浜市西区北幸1-4-1 天理ビル15F
オービックコミュニケーションプラザ
会場地図

横浜地図

セミナーダイジェスト

2月26日(火)

A1
9:30〜11:00
事業戦略に必要な15年後の技術予測
河瀬 誠氏
エムケー・アンド・アソシエイツ 社長

IoTや人工知能など新しい技術が次々に登場し、さまざまな業界が事業構造の転換を迫られつつあります。当セミナーでは、最先端の技術の概要を紹介し、最先端の技術がどのように既存業界を変えつつあるのか、流通小売業界を題材に解説します。そして、各社がどのように最先端の技術を活用できるか、そのヒントをお伝えします。

A7
15:30〜16:30
【働き方改革関連法施行直前総チェック】
年休取得義務化・新36協定への対応など2019年4月改正事項への対応実務
大津 章敬氏
社会保険労務士法人名南経営 代表社員 / 株式会社名南経営コンサルティング 取締役

働き方改革関連法はいよいよ2019年4月より順次施行されます。まずは年次有給休暇取得義務化、新36協定、労働時間の客観的把握の強化、勤務間インターバル制度などの主要改正項目への対応が求められます。今回のセミナーでは、そうした4月改正事項への対応実務について、具体的な事例を用い、わかりやすく解説します。また産業医への情報提供など細かい改正点についても対応漏れをなくすべく、チェックリストをご提供します。

2月27日(水)

B1
10:00〜11:00
【働き方改革関連法施行直前総チェック】
年休取得義務化・新36協定への対応など2019年4月改正事項への対応実務
大津 章敬氏
社会保険労務士法人名南経営 代表社員 / 株式会社名南経営コンサルティング 取締役

働き方改革関連法はいよいよ2019年4月より順次施行されます。まずは年次有給休暇取得義務化、新36協定、労働時間の客観的把握の強化、勤務間インターバル制度などの主要改正項目への対応が求められます。今回のセミナーでは、そうした4月改正事項への対応実務について、具体的な事例を用い、わかりやすく解説します。また産業医への情報提供など細かい改正点についても対応漏れをなくすべく、チェックリストをご提供します。

B3
13:00〜14:20
平成31年度(2019年度)税制改正セミナー
税制改正の重要ポイントを読み解く
安積 健氏
辻・本郷税理士法人 審理室 部長 / 税理士

平成31年度(2019年度)の税制改正について、発表された【税制改正大綱】に基づいて、最新の情報をいち早くお伝えするとともに、企業経営の観点より、その対策・対応に関して、わかりやすく解説します。

  • 平成31年度(2019年度)の税制改正大綱公表において、大幅な遅れや変更があった場合には、一部内容を変更する場合がございますので、予めご了承ください。

B6
15:40〜17:00
『経営管理を会計の視点で考える』シリーズ 第6弾
ケースで学ぶKPIマネジメントのエッセンス
– KPIで行動が変わる!業績が上がる!–
金子 智朗氏
ブライトワイズコンサルティング合同会社 代表社員 / 公認会計士 / 税理士

KPI(Key Performance Indicator)は直訳すると「主要業績指標」です。業績指標というと、業績を事後的に測るための指標と思われがちですが、本当に重要なのは行動に与える影響です。なぜならば、人は評価指標という"採点基準"通りに行動するからです。ということは、KPIを何にするかによって組織行動はほぼ決定的に決まるのです。当セミナーではKPIの重要ポイントを解説し、ケースを用いて具体例を見ていきます。成果主義についても言及します。

2月28日(木)

C1
9:30〜10:50
平成31年度(2019年度)税制改正セミナー 税制改正の重要ポイントを読み解く
安積 健氏
辻・本郷税理士法人 審理室 部長 / 税理士

平成31年度(2019年度)の税制改正について、発表された【税制改正大綱】に基づいて、最新の情報をいち早くお伝えするとともに、企業経営の観点より、その対策・対応に関して、わかりやすく解説します。

  • 平成31年度(2019年度)の税制改正大綱公表において、大幅な遅れや変更があった場合には、一部内容を変更する場合がございますので、予めご了承ください。

C4
13:00〜14:00
企業の「稼ぐ力の本質」を理解しよう!
事例に学ぶ、「経営効率を最大化させる事業モデルと管理の仕組み」

– 投下資本利益率(ROIC)から考える、ビジネスモデル構築と経営管理のポイント –
夏目 岳彦氏
ミネルヴァインサイト合同会社 代表社員 / 公認会計士

最近、多くの企業の事業経営管理に採用されている財務指標に、投下資本利益率(ROIC)があります。このROICが従来から用いられているROEやROAと比べ、どのような視点で優れているのかを解説します。また、このROICを高い水準で維持し続けている企業は、どのようなビジネスモデルを構築し、経営管理を行っているのかを、いくつかの企業事例を交え、皆様とともに考えていきたいと思います。自社の経営効率の改善に貢献したいと考える皆様の参加をお待ちしています。

C7
15:20〜16:40
AIに経営者や経理社員はどのように向き合うか
AI経理 良い合理化 最悪の自動化
前田 康二郎氏
流創株式会社 代表取締役

AIに代替される可能性が高い業務のひとつと言われる経理。しかし、それは経理という機能を数字処理の部門としかとらえていないからです。「成長が止まっている会社ほど、経理の人員が減っていく」という法則があるのをご存じでしょうか。成長している会社ほど、経理に求められる資料や判断が増え、また、経理による不正監視機能も働いているのです。当セミナーでは、AIの技術をコスト削減のような「ネガティブ要素」だけに使うのではなく、売上・利益の伸長といった「ポジティブ要素」にも使うという発想で、AIという新しいツールに経営者や経理社員はどのように向き合い、使いこなし、自身や会社をスキルアップさせていくべきか、さまざまな経験を織り交ぜ解説します。

各種お問い合わせ
  • 「情報システムセミナー」のお問い合わせはお電話でも承ります

    横浜会場045-319-5255(受付時間:平日9:00〜17:30)

    製品・サービスのお問い合わせ

    製品・サービスについてのご質問・ご相談はお気軽にお問い合わせください。弊社担当よりご連絡します。

    お問い合わせをする