オービック情報システムセミナー[2018年 夏]

経営を強化する、価値ある情報がここにある。

横浜会場では、「セミナー」「導入事例研究」「ワークショップ(個別相談)」「展示」の4つの切り口で発信します。
ERP&クラウドで実現する実践的ソリューション事例を数多く取り揃え、経営効果に直結する具体的なヒントをお届けします。

会期
2018年6月13日(水)〜15日(金)
会場名
横浜会場
会場場所
横浜市西区北幸1-4-1 天理ビル15F
オービックコミュニケーションプラザ
会場地図

横浜地図

セミナーダイジェスト

6月13日(水)

A1
10:00〜11:00
『働き方改革実行計画』主要テーマへの実務対応と就業規則の定め方
テレワーク、副業・兼業、長時間労働に企業はどう向き合うべきか?
佐藤 広一氏
HRプラス社会保険労務士法人 代表社員 / 特定社会保険労務士 / 経営法曹会議賛助会員

2017年3月に策定された「働き方改革実行計画」をもとに、テレワーク、副業・兼業などの導入や長時間労働対策など、働き方改革の推進が企業に対して要請されており、人事労務上の対応を検討する必要があります。しかし、ひとくちに「働き方改革」といっても、具体的に何を実行し、自社にとっての検討課題は何か、そしてどのように制度化すればよいのかが判然としません。当セミナーでは、働き方改革実行計画を紐解きつつ、働き方改革関連法案の最新動向を踏まえ、企業が具体的に検討すべき課題を網羅的に整理し、就業規則への定め方にも言及していきます。

A5
14:45〜15:55
前回セミナーでのご要望を受けてお届けします
今、確認しておきたい税制トピック
【スキャナ保存制度 / 消費税増税 / 軽減税率など】
安積 健氏
辻・本郷税理士法人 審理室 部長 / 税理士

当セミナーは、企業経営の観点より、今確認しておくべき税制トピックについて解説します。
今年2月の情報システムセミナーで講演しました『平成30年度税制改正セミナー』の中で受講者の関心の高かった内容とともに、最近の税制に関するトピックについて紹介します。

  • 今回は特にご要望の多かった「スキャナ保存制度」について、重点的に解説します。

6月14日(木)

B2
10:35〜12:05
“経営が見える”
管理会計による業績管理の進め方
片岡 正輝氏
株式会社アタックス戦略会計社 代表取締役会長

貴社の経理部門はどのような役割を担っていますか。伝票処理や決算書の作成でしょうか。正確かつ迅速な帳票処理や、決算書の作成は重要な業務です。しかし、それでは単に「過去の集計作業を行う部門」になってしまいます。経理部門が持つ、もうひとつの重要な役割は、「数字」の情報を経営に十分活かし「未来の視点」から業績を向上させ、強い会社をつくる一翼を担うことです。当セミナーでは、数字を経営に役立てるための決算書の見方や、経営が見える業績管理の方法をご理解いただき、経理部門が担うべき役割はもとより、他の部門に働きかけ、巻き込みながら、より強い会社へと導く手法を学んでいただきます。経理部門をリノベート(役割や機能を変更して付加価値を高める)し、「数字から経営を見る視点」を全社に発信するために、当セミナーをぜひご活用ください。

B5
14:35〜15:55
『経営管理を会計の視点で考える』シリーズ 第4弾
仮想通貨のリスクと可能性 – 技術的な仕組みから会計上の扱いまで –
金子 智朗氏
ブライトワイズコンサルティング合同会社 代表社員 / 公認会計士 / 税理士

仮想通貨は元々ハイリスク・ハイリターンな金融商品というイメージがありましたが、コインチェック社における仮想通貨NEMの巨額流出事件によって技術的にもリスクの高い“怪しげなもの”というイメージが強くなってしまった感があります。しかし一方で、新たな決済手段や資金調達手段として大きな可能性を秘めており、仮想通貨を支えるブロックチェーンは技術的にも画期的です。当セミナーでは、仮想通貨のリスクと可能性について、技術的な仕組みから会計上の扱いを含む制度の動向まで解説します。

6月15日(金)

C4
13:30〜15:00
値決めの新たな成功法則
値下げ競争から脱却する
高価格プライシング3つのカギ
田中 靖浩氏
田中靖浩公認会計士事務所 所長 / 公認会計士

日本人が苦手とする「値決め=プライシング」について、その基本から応用事例までを解説します。原価計算重視のコスト・プライシングから脱し、顧客の共感重視のバリュー・プライシングを実現するにはどうすればいいのか?そのために必要な「3つのカギ」を明らかにします。低価格競争から抜けだし、明るく楽しい会社をつくるコツを学びたい方の参加をお待ちしています。

C5
16:00〜17:10
利益とリスクを見抜く!事業の持続的成長の勘所
『ビジネスモデル思考』で事業の目利き力を高めよう
夏目 岳彦氏
ミネルヴァインサイト合同会社 代表社員 / 公認会計士

決算書で過去の事業成績は確認できるものの、経営で重要なのは、「(過去の結果を踏まえて)今後どうやって持続的に利益をあげることができるか」を考えることにあるといえます。当セミナーでは、いくつかの中堅企業を題材に、持続的な利益を上げ続けるパターンを考える「ビジネスモデル思考」を紹介し、参加者の「事業の目利き力」を高めるトレーニングを行います。経営的視点と会計的視点を融合させた「次の経営の打ち手」を考えている皆様の参加をお待ちしております。

各種お問い合わせ
  • 「情報システムセミナー」のお問い合わせはお電話でも承ります

    横浜会場045-319-5255(受付時間:平日9:00〜17:30)

    製品・サービスのお問い合わせ

    製品・サービスについてのご質問・ご相談はお気軽にお問い合わせください。弊社担当よりご連絡します。

    お問い合わせをする