オービック情報システムセミナー[2017年 夏]

持続的成長へ!経営強化のヒントがここにある。

京都会場では、「セミナー」「導入事例研究」「ワークショップ(個別相談)」「展示」の4つの切り口で発信します。
ERP&クラウドで実現する実践的ソリューション事例を数多く取り揃え、経営効果に直結する具体的なヒントをお届けします。

会期
2017年7月5日(水)〜7日(金)
会場名
京都会場
会場場所
京都市下京区四条通烏丸東入長刀鉾町10 京都ダイヤビル8F
オービックコミュニケーションプラザ
会場地図

京都地図

セミナーダイジェスト

7月5日(水)

A5
13:00-15:00
【第一部】今考えなければならない「製造業」の収益力強化とは?
産業・工作機械・建設機械・機械メーカー・電子部品メーカー向け
井上 雅史 氏
株式会社船井総合研究所 ファクトリービジネスグループ チームリーダー / シニア経営コンサルタント

製造業の皆様は、厳しくなる一方の市場に対して、新たなマーケティング・製品開発・製造、そして営業活動の手法を試行錯誤されているのではないでしょうか。第一部では、長年業界の経営改善活動に携わっている経営コンサルタントより、さらなる収益力強化に向けた経営戦略について、さまざまな立場の企業ごとに起きている変化を紐解きながら収益向上に向けて強化すべき戦略について解説します。

7月6日(木)

B1
9:15-11:05
【第一部】どうなる?労基法改正
「残業720時間」ショック!対応セミナー
福田 秀樹 氏
福田式賃金管理事務所・株式会社福田式経営研究所 代表 / 特定社会保険労務士

人手不足が直撃!営業時間をどうするか?社員ファーストに切り替えなければ維持できないサービスの見直し!取引先との交渉は?残業年間720時間上限が経営に与えるさまざまな影響と、コンプライアンスに避けて通れない見直しのポイント、労基署の指導の実態と今後の行方について、わかりやすく解説します。

B5
13:00-14:10
作戦なくして勝利なし
戦場(市場)を見極めた戦略を立てる
川原 慎也 氏
株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント

同じ業界(戦場)で戦っているにも関わらず、高い収益性を誇っている企業もあれば、苦戦している企業もある、これはご承知のとおりです。高収益を上げている企業は「どんな作戦を立て、どう実行してきたのか」それを紐解いていくと、その業界に蔓延している常識を打ち破ってきた事実が確実に存在することがわかりました。キーワードは“非常識なビジネス構造”。このポイントを事例を踏まえてお伝えします。

7月7日(金)

C1
9:30-11:00
経営マネジメントを財務分析の視点で考える
−トヨタ・カンパニー制導入の理由−
金子 智朗 氏
ブライトワイズコンサルティング合同会社 代表社員 / 公認会計士 / 税理士

なぜトヨタ自動車は、今年4月からカンパニー制を導入したのか。カンパニー制というと大企業特有の話に聞こえるかもしれませんが、その本質を「管理単位の細分化」と捉えれば、すべての企業にとって参考になるさまざまなことが見えてきます。当セミナーでは、財務分析の観点からトヨタがカンパニー制に踏み切った必然性を読み解くとともに、そこに潜む経営マネジメント上のリスクについても解説します。

C4
13:00-14:10
会計初心者も大丈夫! 見直す「財務分析セミナー」 基礎編②
利益とキャッシュの違いを正しく理解して、経営分析を行っていますか?
益川 路隆 氏
アイライフコンサルティングジャパン株式会社 代表取締役 / 公認会計士 / 税理士

企業経営の健全性を正しく把握し、財務戦略として活用するには、利益だけでなくキャッシュの動きも正しく理解することが重要です。実在するキャッシュ・フロー計算書を題材に、財務健全性を維持するための分析上のポイントや財務効率向上のための効果的なキャッシュの活用方法を解説します。※セミナーの理解を深めるため、電卓をご持参下さい。

セミナーのお申し込みはこちら

「情報システムセミナー」のお問い合わせはお電話でも承ります。 京都会場075-211-4455【受付時間】9:00〜17:30(土日祝日は除く)

各種お問い合わせ
  • お電話でのお問い合わせはこちら

    フリーダイヤル0120-023-019(受付時間:平日9:00〜17:30)

    製品・サービスのお問い合わせ

    製品・サービスについてのご質問・ご相談はお気軽にお問い合わせください。弊社担当よりご連絡します。

    お問い合わせをする