オービック情報システムセミナー[2019年 夏]

– 価値ある情報が、事業戦略を加速する。 –

京都会場では、「セミナー」「導入事例研究」「ワークショップ(個別相談)」の3つの切り口で発信します。
ERP&クラウドで実現する実践的ソリューション事例を数多く取り揃え、経営効果に直結する具体的なヒントをお届けします。

会期
2019年7月10日(水)〜7月12日(金)
会場名
京都会場
会場場所
京都市下京区四条通烏丸東入長刀鉾町10 京都ダイヤビル8F
オービックコミュニケーションプラザ
会場地図

京都地図

セミナーダイジェスト

7月10日(水)

A4
13:00〜14:20
好調企業のビジネスモデル分析から、自社利益の質を高めるヒントを学ぶ
夏目 岳彦氏
ミネルヴァインサイト合同会社 代表社員 / 公認会計士

目まぐるしく変化する競争環境の中で、どのように自社の利益の持続性・成長性を高めていくかは、多くの経営管理者にとっての関心事ではないでしょうか。
今回は、高い経営効率を一定期間継続している企業のビジネスモデル分析を通じて、自社の利益の金額ではなく持続性、確実性(質)を高めていくための発想法について皆様とともに考えてみたいと思います。経営者、ならびにその参謀を目指す管理者の皆様の参加をお待ちしています。

7月11日(木)

B1
9:30〜10:50
「AI使って何かやれ」と部下に丸投げで指示していませんか?
DXレポート〜ITシステム「2025年の崖」に経営者はどう立ち向かうべきか
進藤 勇治氏
産業評論家(元通産省企画官 / 前東京大学特任教授)

経済産業省が発表したDXレポートをご存知の経営者は多いと思います。既存システムが老朽化や複雑化していく中、熟知しているメンバーの定年退職でブラックボックス化し、今後これを放置すれば、維持・保守コストの高騰とともにセキュリティリスクが高まります。さらに、2018年に経済産業省が発表した「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」では2019年をピークにIT人材が不足していき、2025年には約43万人が不足すると予測していて、複雑なままのITシステムの維持がますます困難になります。企業が生き残るためのカギは、ITシステムの複雑さを解消し、「部分最適システム」の寄せ集めではなく「全体最適システム」を構築し、2025年までには社内でのIT人材の育成とともに、自社システムを強力に生かせるようにしなければなりません。しかし、明確なビジョンや戦略がないまま全体最適化を行うと、各部門からの抵抗により失敗してしまいます。そこで当セミナーでは、「2025年の崖」に対して経営者はどう立ち向かうべきなのかについて一緒に考えていきます。

B3
13:00〜14:10
会社を強くする管理会計の基礎知識
企業の経営分析のための管理会計
益川 路隆氏
アイライフコンサルティングジャパン株式会社 代表取締役 / 公認会計士 / 税理士

社員が自社の財務諸表や財務分析資料を理解することはある意味経営者の意図をくみ取ったり、経営戦略を理解する上で大変役立ちます。部門を問わず社員が自社の経営数値を理解することは自社を強くすることにも繋がります。当セミナーでは、会計的視点から経営判断をするために必要な管理会計の基本的な考え方を「損益分岐点分析」「予算管理」といった基本的なキーワードをもとにわかりやすく解説します。

7月12日(金)

C1
9:30〜10:40
働き方改革時代に監督官がやってくる!
労働基準監督署の調査動向にみる労務管理のポイント
福田 秀樹氏
福田式賃金管理事務所・株式会社福田式経営研究所 代表 / 特定社会保険労務士

働き方改革関連法の施行後、テレビ・新聞・インターネットなどを通じて働き方改革に関する知識・情報を得る機会が増加しています。有休取得、サービス残業支払い、休憩がとれていない残業代支払い、処遇の格差是正について公然と要求されるようになり、従業員の正当な権利に基づいた労務トラブルが急増する可能性があります。そこで、当セミナーでは労働基準監督署の調査動向を交えながら、今どきの労務管理のポイントをお伝えします。

C4
13:00〜14:30
データ駆動型経営戦略と2020年を見据えたAI・IoT最新技術活用
伊本 貴士氏
メディアスケッチ株式会社 代表取締役 / サイバー大学 客員講師

IoTなどの技術によって、世界におけるさまざまな現象がデータとして取得できる時代になりました。それに伴いデータ分析を武器とし、分析結果に基づき多様で高速に変化する需要に対して柔軟に対応できる企業が大きな恩恵を得る時代となっています。そのため、世界の優良企業は人工知能や5Gの活用に大きな投資を行っています。日本においても、データ分析に基づくデータ駆動型経営の普及に伴い、業界や規模に限らず勝ち組と負け組に明確に分かれる激しい企業間競争の時代に突入しようとしています。この講座では大企業はもちろん、中小企業でもデータをどう活用し、どのようにデータ駆動型経営を実現させていくのか、またそのために必要な事は何なのかについて具体的に事例を紹介しながら説明します。また、2020年を見据えて、IoT、人工知能、ブロックチェーン、5Gという新技術をどのように活用し、どのように経営視点で捉えるといいのかについてもポイントを絞って具体的にわかりやすく紹介します。

各種お問い合わせ
  • 「情報システムセミナー」のお問い合わせはお電話でも承ります

    京都会場075-211-4455(受付時間:平日9:00〜17:30)

    製品・サービスのお問い合わせ

    製品・サービスについてのご質問・ご相談はお気軽にお問い合わせください。弊社担当よりご連絡します。

    お問い合わせをする