オービック情報システムセミナー[2019年 新春]

価値ある情報が、事業戦略を加速する。

福岡会場では、「セミナー」「導入事例研究」「ワークショップ(個別相談)」「展示」の4つの切り口で発信します。
ERP&クラウドで実現する実践的ソリューション事例を数多く取り揃え、経営効果に直結する具体的なヒントをお届けします。

会期
2019年2月26日(火)〜28日(木)
会場名
福岡会場
会場場所
福岡県福岡市博多区博多駅前1-2-5 紙与博多ビル9F
オービック コミュニケーションプラザ
会場地図

福岡地図

セミナーダイジェスト

2月26日(火)

A1
9:20〜10:40
『経営管理を会計の視点で考える』シリーズ 第6弾
ケースで学ぶKPIマネジメントのエッセンス
– KPIで行動が変わる!業績が上がる!–
金子 智朗氏
ブライトワイズコンサルティング合同会社 代表社員 / 公認会計士 / 税理士

KPI(Key Performance Indicator)は直訳すると「主要業績指標」です。業績指標というと、業績を事後的に測るための指標と思われがちですが、本当に重要なのは行動に与える影響です。なぜならば、人は評価指標という"採点基準"通りに行動するからです。ということは、KPIを何にするかによって組織行動はほぼ決定的に決まるのです。当セミナーではKPIの重要ポイントを解説し、ケースを用いて具体例を見ていきます。成果主義についても言及します。

A3
13:00〜14:20
続編!「職場の基礎代謝®」をアップして、社員・顧客・会社を元気に!
白井 旬氏
合同フォレスト 出版「職場の基礎代謝」著者

2018年11月16日に開催された【目からウロコの新発想!「職場の基礎代謝」をアップして働き方改革を!】のバージョンアップ版の内容です。 働き方改革や生産性向上に効く「職場の基礎代謝」の基本となる考え方をお伝えしたうえで、映像を交えながらの他社事例紹介やバージョンアップ版として簡単な「不」の解消ワークを行いますので、前回ご受講いただいた方も初めての方もお気軽にご参加いただけます。(参考図書:生産性を高める職場の基礎代謝〜社員の「不」を解消して、能力を引き出すヒント/合同フォレスト)

A4
14:40〜16:30
ロジスティクスでの収益を最大化するための基本メソッド
小野塚 征志氏
株式会社ローランド・ベルガー プリンシパル

【第一部】
ロジスティクスでの収益を最大化するためには、サービスレベルとコストのバランスを最適化すること、サプライチェーン全体での適正化を追求することが肝要です。

そのためには今ある物流事業の収益性を高めるだけではなく、その強みをベースに、より多くの収益を得るための戦略を検討・実行することが求められます。当セミナーでは、ロジスティクスでの収益の最大化に向けた基本的な考え方を整理した上で、具体的なメソッドと実例を紹介します。

【第二部】
物流業界における構築事例を、お客様自身にご紹介いただきます。
①債権債務業務の構築事例
②労務管理の構築事例

2月27日(水)

B1
9:30〜10:50
平成31年度(2019年度)税制改正セミナー
税制改正の重要ポイントを読み解く
二ノ宮 伸幸氏
辻・本郷税理士法人 ミライナ事務所理事長付税理士 / 事業承継コンサルティングセンター・シニアチーフ

平成31年度(2019年度)の税制改正について、発表された【税制改正大綱】に基づいて、最新の情報をいち早くお伝えするとともに、企業経営の観点より、その対策・対応に関して、わかりやすく解説します。

  • 平成31年度(2019年度)の税制改正大綱公表において、大幅な遅れや変更があった場合には、一部内容を変更する場合がございますので、予めご了承ください。

B3
13:00〜14:20
AIに経営者や経理社員はどのように向き合うか
AI経理 良い合理化 最悪の自動化
前田 康二郎氏
流創株式会社 代表取締役

AIに代替される可能性が高い業務のひとつと言われる経理。しかし、それは経理という機能を数字処理の部門としかとらえていないからです。「成長が止まっている会社ほど、経理の人員が減っていく」という法則があるのをご存じでしょうか。成長している会社ほど、経理に求められる資 料や判断が増え、また、経理による不正監視機能も働いているのです。当セミナーでは、AIの技術をコスト削減のような「ネガティブ要素」だけに使うのではなく、売上・利益の伸長といった「ポジティブ要素」にも使うという発想で、AIという新しいツールに経営者や経理社員はどのように向き合い、使いこなし、自身や会社をスキルアップさせていくべきか、さまざまな経験を織り交ぜ解説します。

B4
14:40〜16:30
JAグループ限定
【第一部】公認会計士監査直前
今押さえるべきポイント
高山 大輔氏
有限責任監査法人トーマツ シニアマネジャー JA支援室 参事

いよいよ2019年10月から公認会計士監査が始まります。直前に迫った公認会計士監査への対応のポイントを整理し、準備の最終段階に取り組む上で参考としていただきたいポイントを再確認します。あわせて最新の情報についてもご紹介します。

2月28日(木)

C1
9:30〜10:50
2019年版九州経済白書
スポーツの成長産業化と九州経済
大谷 友男氏
公益財団法人九州経済調査協会 調査研究部 次長

2019年のラグビーワールドカップ、2020年の東京オリンピック・パラリンピックを控え、スポーツに対する関心がこれまで以上に高まる中、政府では「スポーツの成長産業化」を成長戦略の柱の1つに掲げています。そこで九州におけるスポーツの成長産業化に向けた現状と新たなビジネスや地域活性化の芽や課題を明らかにします。その上で、大型イベントの開催によって高まっているスポーツに対する盛り上がりを一時の熱狂で終わらせないために、スポーツの力を持続可能な形で地域活性化にいかしていくためには何が求められるかについて考察します。

C4
13:00〜14:20
2019年4月1日施行目前!
働き方改革関連法のポイント 最終チェック
福井 雅之氏
福井社会保険労務士事務所 所長 / 特定社会保険労務士

4月から段階的に施行される働き方改革関連法。省令・指針、行政通達、厚生労働省の資料なども出揃ってきています。至急対応が必要な時間外労働の上限規制、年次有給休暇の取得義務化、労働安全衛生法の改正、そしていよいよ動き始める同一労働同一賃金(均等・均衡待遇)など、改正内容をおさらいするとともに企業の実務対応のポイントについて解説します。

各種お問い合わせ
  • 「情報システムセミナー」のお問い合わせはお電話でも承ります

    福岡会場092-472-5721(受付時間:平日9:00〜17:30)

    製品・サービスのお問い合わせ

    製品・サービスについてのご質問・ご相談はお気軽にお問い合わせください。弊社担当よりご連絡します。

    お問い合わせをする