情報システムセミナーレポート[2017年 新春] ITトレンド 人工知能(AI)・IoTの進化と今後のビジネスモデル
— 高収益事業のつくり方 —

2017年2月10日(金) 東京会場

D11
9:30-11:00
人工知能(AI)・IoTの進化と今後のビジネスモデル
— 高収益事業のつくり方 —

冨田 賢 氏
株式会社ティーシーコンサルティング 代表取締役社長 / 博士(政策・メディア)

今後、事業の高収益化に不可欠といわれているIoT(Internet of Things)と人工知能(AI)。その活用やAIと人間との共存、ビジネスモデルの変化、IoT収益化におけるアライアンス戦略について、わかりやすく解説しました。

IoT(Internet of Things)の特徴とポイント

あらゆるものがインターネットにつながるIoT。センサー、マイク、カメラ、計測器などでとらえたデータを、クラウドし、そのデータを人工知能で分析します。自動運転などが脚光を浴び、デバイス需要の拡大も予想されています。

IoTの特徴は「現場を持つ企業がリードする」ことだと、冨田氏は指摘します。従来、IT分野はIT企業がリードしてきましたが、IoTは製造業や建設業、エンジニアリング会社が牽引しており、プレーヤーが異なっています。

IoTはアライアンスの主戦場であるということも、大きな特徴の1つです。IoTは、ハード開発、インターネット接続、ビッグデータ分析、サービス対応、現場ニーズを持つ企業による複合的な事業構築が必要となります。「1社だけで事業を展開するのは困難です。自社で担えない部分をどこかと組む必要があります」(冨田氏)。そのビジネスモデルは、「1回切り売り」から「使用料が継続的に入る」アンカリング収益モデルに変わります。

IoTのキーポイントは、自動制御と精密な予測の2つ。後者の精密な予測を活用して成功したのが、大手建設機械メーカーです。大型ブルドーザーなどのタイヤの需要を予測し、計画的生産に成功しました。

つづきは…

つづきの講演内容

  • 誰でも使うことのできる人工知能
  • 高収益事業のつくり方
  • アライアンスによるビジネスモデル

これより先の内容は、以下のボタンよりアンケートにご回答いただいた方のみ閲覧可能です。

セミナーレポートの続きを見る
(アンケート入力フォームへ)

  1. ボタンを押して、アンケート入力フォームへとお進みください。
  2. 入力フォームの各項目を選択または入力してください。
  3. 登録された方に対して、弊社よりメールをお送りします。
  4. 3のメールに掲載されているURLより、セミナーレポートの続きをご覧いただけます。

※本コンテンツは、製品・ソリューションを導入検討されている企業様を対象としております。
同業の企業様、代理販売を行っている企業様や、個人の方のお申込みにつきましては、
お断りさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

入力いただきました方には、下記のようなセミナーレポートの完全版をご覧いただけます!

今後のセミナー開催案内をご希望の際は下記よりお問い合わせください。(案内状が出来次第、ご連絡させていただきます。)
  • お電話でのお問い合わせはこちら

    フリーダイヤル0120-023-019(受付時間:平日9:00〜17:30)

    Webフォームでのお問い合わせ

    情報システムセミナーなどのご質問・ご相談はお気軽にお問い合わせください。
    メールにて情報を案内させていただきます。

    メールにて案内を受け取る