情報システムセミナー[2016年 夏]ITトレンド − AIの衝撃!ビジネスへのインパクトは? −
クラウド、ビッグデータの向かう先は人工知能(AI)

現在、大きな注目を集めているAI。その歴史と実態をわかりやすく解説しつつ、ビジネスチャンスの可能性を秘めた「自動運転車」「ニューラルネット」「次世代ロボット」などについて言及します。

2016年6月17日(金) 東京会場

D51
16:00-17:30
− AIの衝撃!ビジネスへのインパクトは? −
クラウド、ビッグデータの向かう先は人工知能(AI)

小林 雅一 氏
株式会社KDDI総研 リサーチフェロー

1. 現代AIの概要

Al(人工知能)とは、さまざまな知覚、思考、推論、記憶など、人間ならではの知的能力を、コンピュータや各種マシンが高速処理によって代替する技術です。

その歴史は古く、1956年のダートマス大学におけるルールベースAIから研究が始まっています。言語の文法などをルール化し、ソフトウェアに落とし込んだものでしたが、人間の柔軟性にははるかに及ばず、ほどなく低迷期を迎えます。

次のブームは、IBMのディープ・ブルーがチェスのチャンピオンに打ち勝った1990年代後半。携帯電話に音声認識が搭載されるなど、同じように話題となりました。これらはビッグデータを基にした統計・確率的なAIです。人間の思考とは異なるため、やはり限界が指摘されました。

そして現在、脳科学の成果に基づくニューラルネットの時代に入っています。脳を構成する無数の神経細胞(ニューロン)のネットワークを工学的に再現しようとする試しみで、人間の生物学的頭脳をシミュレートするという点において、Alの王道を行く方式です。

つづきは…

つづきの講演内容

  • 2. 自動運転車
  • 3. Deep Neural Net(Deep Learning)
  • 4. 産業への応用と諸問題

これより先の内容は、以下のボタンよりアンケートにご回答いただいた方のみ閲覧可能です。

セミナーレポートの続きを見る
(アンケート入力フォームへ)

  1. ボタンを押して、アンケート入力フォームへとお進みください。
  2. 入力フォームの各項目を選択または入力してください。
  3. 登録された方に対して、弊社よりメールをお送りします。
  4. 3のメールに掲載されているURLより、セミナーレポートの続きをご覧いただけます。

※本コンテンツは、製品・ソリューションを導入検討されている企業様を対象としております。
同業の企業様、代理販売を行っている企業様や、個人の方のお申込みにつきましては、
お断りさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

入力いただきました方には、下記のようなセミナーレポートの完全版をご覧いただけます!

今後のセミナー開催案内をご希望の際は下記よりお問い合わせください。(案内状が出来次第、ご連絡させていただきます。)
  • お電話でのお問い合わせはこちら

    フリーダイヤル0120-023-019(受付時間:平日9:00〜17:30)

    Webフォームでのお問い合わせ

    情報システムセミナーなどのご質問・ご相談はお気軽にお問い合わせください。
    メールにて情報を案内させていただきます。

    メールにて案内を受け取る