情報システムセミナー[2016年 夏]経営管理 税法変更後の最新税務調査事情 税務調査の対策とポイント

好評だった2014年6月の講演から2年を経て、直近の税務調査事例を踏まえ、税務調査において押さえておきたいポイントについて、国税局OBの八重樫氏が詳しく解説しました。

2016年6月16日(木) 東京会場

C31
13:00〜14:30
税法変更後の最新税務調査事情 税務調査の対策とポイント

八重樫 巧 氏
辻・本郷税理士法人 審理室 室長 / 元国税局

修正申告の勧奨と更正決定処分

 そもそも23年度の改正は、民主党への政権交代が背景にあり、その発端は「嘆願書」という古い文言にありました。この改正により、納税者の権利を尊重した税務調査となることが期待されました。しかし、「納税者権利憲章」の制定もなく、無予告調査が法定化されるなど、かえって納税者の立場が弱体化しています。

 そして、改悪とも言えるほどに大きな影響を与えた点に、調査終了後の「修正申告の勧奨をすることができる、応じなければ更正決定処分をする」という動きがあります。「しかしながら、このような納税者の考えを無視した強権的な更正決定処分は実際の法律から導かれるものではなく、納税者向けFAQ『問23』や内部通達を根拠とする間違った解釈です」と八重樫氏は指摘します。

そのFAQ問23の文言は次のとおりです。
「(問23)(抄録)
調査結果の内容の説明を受けた後、修正申告の勧奨を受けましたが勧奨に応じなければなりませんか。勧奨に応じなければ不利な取り扱いを受けますか。
(答)
この修正申告の勧奨に応じるかどうかは、あくまでも納税者の方の任意の判断であり、修正申告の勧奨に応じて頂けない場合には、調査結果に基づき更正等の処分を行うこととなりますが、修正申告の勧奨に応じなくても不利になることはありません。」
不利な取り扱いを受けるかどうかのFAQであり、強権的な更正を認めたものではありません。

つづきは…

つづきの講演内容

  • 更正決定処分への対策
  • 海外出向者に関する税務調査への対応

これより先の内容は、以下のボタンよりアンケートにご回答いただいた方のみ閲覧可能です。

セミナーレポートの続きを見る
(アンケート入力フォームへ)

  1. ボタンを押して、アンケート入力フォームへとお進みください。
  2. 入力フォームの各項目を選択または入力してください。
  3. 登録された方に対して、弊社よりメールをお送りします。
  4. 3のメールに掲載されているURLより、セミナーレポートの続きをご覧いただけます。

※本コンテンツは、製品・ソリューションを導入検討されている企業様を対象としております。
同業の企業様、代理販売を行っている企業様や、個人の方のお申込みにつきましては、
お断りさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

入力いただきました方には、下記のようなセミナーレポートの完全版をご覧いただけます!

今後のセミナー開催案内をご希望の際は下記よりお問い合わせください。(案内状が出来次第、ご連絡させていただきます。)
  • お電話でのお問い合わせはこちら

    フリーダイヤル0120-023-019(受付時間:平日9:00〜17:30)

    Webフォームでのお問い合わせ

    情報システムセミナーなどのご質問・ご相談はお気軽にお問い合わせください。
    メールにて情報を案内させていただきます。

    メールにて案内を受け取る