情報システムセミナー[2016年 夏]ERP すぐに使える!
データ活用から見える事業成功への道筋
− イノベーションを起こす真のデータ活用術 −

「データはある」。しかし「だれが何を分析すればいいのかわからない」という企業は少なくありません。今回は、「統計学が最強の学問である」の著者・西内氏が、他社に負けないデータ分析の秘訣を伝授しました。

2016年6月16日(木) 東京会場

C11
9:30〜12:10
すぐに使える!
データ活用から見える事業成功への道筋
− イノベーションを起こす真のデータ活用術 −

西内 啓 氏
統計家

分析の4つのサイクル

西内氏はまず、データ分析のためのサイクル「データ」→「分析」→「意思決定」→「現場」を解説しました。

起点となるのは「データ」であり、これを担当者が「分析」します。お客様はよく、この部分の人材不足を課題にしますが、どこの大学にもデータ分析の講座があって、勉強したことのある社員は意外といるものです。「かれらの記憶がフレッシュなうちに鍛えましょう」と西内氏は実践を提言します。

分析結果は「意思決定」者が判断することになりますが、しばしばこの意思決定者がボトルネックになります。特に数字嫌いや数字が苦手なトップには苦労します。その意思決定を工場長など「現場」に落とし込み、実際に効果が出ているかを検証します。

その結果を再度「データ」として捉え、分析するという、サイクルが回ります。「これを何度も回し続けることで、レベルが上がり、大きな利益を得ることができます。止めてはいけません。どのような優秀な分析官がいても、止めてしまっては効果を期待できません」と、西内氏は強調します。

続きを読む

つづきの講演内容

  • データマネジメントとは
  • 分析成功への4つのポジション
  • 分析方針の3つのポイント

これより先の内容は、以下のボタンよりアンケートにご回答いただいた方のみ閲覧可能です。

セミナーレポートの続きを見る
(アンケート入力フォームへ)

  1. ボタンを押して、アンケート入力フォームへとお進みください。
  2. 入力フォームの各項目を選択または入力してください。
  3. 登録された方に対して、弊社よりメールをお送りします。
  4. 3のメールに掲載されているURLより、セミナーレポートの続きをご覧いただけます。

※本コンテンツは、製品・ソリューションを導入検討されている企業様を対象としております。
同業の企業様、代理販売を行っている企業様や、個人の方のお申込みにつきましては、
お断りさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

入力いただきました方には、下記のようなセミナーレポートの完全版をご覧いただけます!

今後のセミナー開催案内をご希望の際は下記よりお問い合わせください。(案内状が出来次第、ご連絡させていただきます。)
  • お電話でのお問い合わせはこちら

    フリーダイヤル0120-023-019(受付時間:平日9:00〜17:30)

    Webフォームでのお問い合わせ

    情報システムセミナーなどのご質問・ご相談はお気軽にお問い合わせください。
    メールにて情報を案内させていただきます。

    メールにて案内を受け取る