情報システムセミナー[2016年 新春]経営管理 ― 企業の財務担当者様、金融機関様必見 ―
それでは事業性評価はできない!
ダメな事業を見抜き、有望な事業を成功させる方法

アベノミクスの第3の矢である成長戦略を背景に、金融機関は取引先企業に対する事業性評価に本格的に取り組んでいます。本セミナーでは、事業性評価を適切に行い、評価した事業を成功に導くために必要な「財務指標」、「事業別損益管理」、具体的な「マネジメント手法」などについて、金子氏が分かりやすく解説しました。

2016年2月2日(火) 東京会場

A53
16:00-17:30
― 企業の財務担当者様、金融機関様必見 ―
それでは事業性評価はできない!
ダメな事業を見抜き、有望な事業を成功させる方法

金子 智朗 氏
ブライトワイズコンサルティング合同会社 代表社員 / 公認会計士 / 税理士

金子氏の講演前に、オービック社員から「事業性評価」についての解説がありました。「事業性評価」とは、融資に先立ち取引先企業の事業内容や成長可能性などを適切に評価すること。いま注目されている背景は、アベノミクスによる成長戦略にあること。そして、企業の発展とともに成長していく金融機関のあり方を紹介しました。

1. 財務的評価だけでは分からない

まず金子氏は、事業評価のチェックポイントとして、財務的評価だけでは分からない次の6項目を強調しました。

事業コンセプト

融資する企業の事業コンセプトは確立されているでしょうか。たとえばワールドワイドに成功したスターバックスの事業コンセプト、これは「空間を売る」というもの。このため居心地を良くする一方、回転率の悪さを認めています。逆に回転率を重視し、座り心地の悪い椅子で成功しているチェーン店もあります。いずれを選択するのか、事業コンセプトが重要となります。

事業理念・ビジョン

経営者はなぜ今の時代に、この事業を展開するのか。社会的意義、目的、将来像を明確に持っていなければなりません。

利益の源泉

同業他社との競争に打ち勝つためには、自社の優位性を明確に持っていなければなりません。「同時に弱みがどこにあるかも知っていなければなりません。金融機関はここを重視します」と、金子氏は示唆します。

実行力

現実的な実行力が問われます。必要な経営資源を調達しているかが重要となります。
「すべての経営資源を持っている中小企業はありません。そこをいかに支援するかが金融機関の腕の見せ所です」(金子氏)。

経済性評価

うまく行ったときのベスト・シナリオばかりを見積もろうとしますが、実は「最悪の場合にどうなるか」というワースト・シナリオを見積もっておくことが重要です。ワースト・シナリオが分かっていれば、やる方はリスクが取れますし、金融機関も融資しやすくなります。

つづきは…

つづきの講演内容

  • 2. 事業性評価のための会計の仕組み

これより先の内容は、以下のボタンよりアンケートにご回答いただいた方のみ閲覧可能です。

セミナーレポートの続きを見る
(アンケート入力フォームへ)

  1. ボタンを押して、アンケート入力フォームへとお進みください。
  2. 入力フォームの各項目を選択または入力してください。
  3. 登録された方に対して、弊社よりメールをお送りします。
  4. 3のメールに掲載されているURLより、セミナーレポートの続きをご覧いただけます。

※本コンテンツは、製品・ソリューションを導入検討されている企業様を対象としております。
同業の企業様、代理販売を行っている企業様や、個人の方のお申込みにつきましては、
お断りさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

入力いただきました方には、下記のようなセミナーレポートの完全版をご覧いただけます!

今後のセミナー開催案内をご希望の際は下記よりお問い合わせください。(案内状が出来次第、ご連絡させていただきます。)
  • お電話でのお問い合わせはこちら

    フリーダイヤル0120-023-019(受付時間:平日9:00〜17:30)

    Webフォームでのお問い合わせ

    情報システムセミナーなどのご質問・ご相談はお気軽にお問い合わせください。
    メールにて情報を案内させていただきます。

    メールにて案内を受け取る