情報システムセミナーレポート[2016年 秋] ITトレンド 本格的なデジタル変革の時代到来!
未来を見据えた「IoT」「AI」「データ活用」の今
— 事業成功へ導くソリューションの最前線 —

日々新しいテクノロジーやサービスが生まれる現状は、本格的なデジタル変革時代の到来を予感させます。当セミナーでは、マイクロソフトのエバンジェリストとして数々の講演を行っている西脇氏が「IoT」「AI」「Cognitive Services」「BOT」などのキーワードについて、活用事例を交えて紹介しました。

2016年10月26日(水) 東京会場

B11
10:00-12:10
本格的なデジタル変革の時代到来!
未来を見据えた「IoT」「AI」「データ活用」の今
— 事業成功へ導くソリューションの最前線 —

西脇 資哲 氏
日本マイクロソフト株式会社 業務執行役員 エバンジェリスト

1. 集めた膨大な量のデータをどう活用するのか?

IoTでデータ収集が可能になった今、急速に増加するクラウド上のデータ。IoTを実現するデバイスは膨大な数となり、各種ソリューション同士がつながり、データ量が爆発的に増えています。世界の総データの90%以上は過去2年間で作られたといわれているほどです。こうした中、問われるのは「いかに活用するか」であると西脇氏は呼びかけます。

「この膨大な量のデータは、すでに人間が分析できる範囲を超えています。ここで必要となるのが、AIであり、Cognitive Servicesです。クラウド上の賢い知恵が必要なのです」(西脇氏)。

2. 世界中に広がるデジタルイノベーション

「『デジタルイノベーション』という言葉が多用化されるようになっています。これによって社員の笑顔を増やそうと挑戦を続けています。社員を笑顔にした企業が勝ちです」と西脇氏は語り、世界で実用化されているデジタルイノベーションの例を紹介しました。

つづきは…

つづきの講演内容

  • 2. 世界中に広がるデジタルイノベーション
  • 3. 在宅医療を支援
  • 4. 会社のトイレにIoTとAI
  • 5. Cognitive Servicesの会場デモンストレーション
  • 6. 東京サマーランドの活用事例
  • 7. データ活用の実態とは?
  • 8. データ活用の理想的なサイクルとオービックのソリューション
  • 9. データ活用事例

これより先の内容は、以下のボタンよりアンケートにご回答いただいた方のみ閲覧可能です。

セミナーレポートの続きを見る
(アンケート入力フォームへ)

  1. ボタンを押して、アンケート入力フォームへとお進みください。
  2. 入力フォームの各項目を選択または入力してください。
  3. 登録された方に対して、弊社よりメールをお送りします。
  4. 3のメールに掲載されているURLより、セミナーレポートの続きをご覧いただけます。

※本コンテンツは、製品・ソリューションを導入検討されている企業様を対象としております。
同業の企業様、代理販売を行っている企業様や、個人の方のお申込みにつきましては、
お断りさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

入力いただきました方には、下記のようなセミナーレポートの完全版をご覧いただけます!

今後のセミナー開催案内をご希望の際は下記よりお問い合わせください。(案内状が出来次第、ご連絡させていただきます。)
  • お電話でのお問い合わせはこちら

    フリーダイヤル0120-023-019(受付時間:平日9:00〜17:30)

    Webフォームでのお問い合わせ

    情報システムセミナーなどのご質問・ご相談はお気軽にお問い合わせください。
    メールにて情報を案内させていただきます。

    メールにて案内を受け取る