情報システムセミナーレポート[2016年 秋] ERP 経営企画・実務責任者必見!
儲かっている製造業が実践する「利益計画」と「業績評価」とは

多品種少量生産の進化や業態の複雑化・複合化の影響で、従来の管理手法では成果が出にくくなっている製造業。当セミナーでは、「儲かっているかどうか」という視点から、製造業が実践するべき「利益計画」と「業績評価」の手法を解説しました。

2016年10月25日(火) 東京会場

A42
14:50-16:20
経営企画・実務責任者必見!
儲かっている製造業が実践する「利益計画」と「業績評価」とは

川口 宏之 氏
ジャパン・ビジネス・アシュアランス株式会社 ディレクター/公認会計士/早稲田大学非常勤講師

1. 「利益計画」

利益計画は、まず経営方針と経営戦略が策定され、ブレイクダウンされて中期経営計画が決定し、これを受ける形で立案されます。その策定方法には「トップダウン型」「ボトムアップ型」「折衷型」の3種類があります。

トップダウン型は会社の中期的な数値目標と一致する反面、現場の意見.が無視される恐れがあります。ボトムアップ型は達成意欲の動機付けに有効ですが、甘い予算設定になりがちです。そこで川口氏の推奨するのが、以上のデメリットを解消できる折衷型です。

「折衷型は時間がかかる欠点があります。しかし、これは本質的なデメリットではありません。そもそも経営者は利益計画に時間をかけるべきなのです。儲かっている製造業は、折衷型を採用する傾向にあります」(川口氏)。

利益計画に続いて必要になるのが「予算実績差異分析」です。事業部別、販売エリア別、得意先別、製品別、販売数量・販売単価別に売上目標を積み上げます。積み上げ方式によって、予算未達の際、「どの事業部が」「どの販売エリアで」「どこの得意先に対して」「どの製品が」というように原因を細分化して特定できるようになります。

2. CVP分析 — 変動費と固定費

製造費用を固定費と変動費で分解することで、残された期間で損益分岐点までいくらの売上が必要なのか、コストをいくら削れば良いのかを予測できます。これに使用するのがCVP分析です。CVP分析というのは「原価(Cost)」「営業量(Volume)」「利益(Profit)」の関係を分析すること。損益分岐点分析とも呼ばれます。

ここで川口氏は、CVP分析の実例として、売上高も利益も同じA事業部とB事業部を紹介。会場に向けて問いかけました。「A事業部は変動費が高く、B事業部は固定費の割合が高い特徴を持っています。どちらが優れた事業部でしょうか」。

A事業部は、損益分岐点が低いものの、売上高があがっても利益が大きく伸びることはありません。逆にB事業部は、損益分岐点が高いものの、売上高に従って利益が大きく伸びていきます。「A事業部がローリスク・ローリターン、B事業部はハイリスク・ハイリターンのビジネスです。不況時にはA事業部、好況時にはB事業部が有利です。景気次第で重視する事業が異なります」と、川口氏は解説します。

つづきは…

つづきの講演内容

  • 3. 製造業の損益分岐点構造
  • 4. 「業績評価」

これより先の内容は、以下のボタンよりアンケートにご回答いただいた方のみ閲覧可能です。

セミナーレポートの続きを見る
(アンケート入力フォームへ)

  1. ボタンを押して、アンケート入力フォームへとお進みください。
  2. 入力フォームの各項目を選択または入力してください。
  3. 登録された方に対して、弊社よりメールをお送りします。
  4. 3のメールに掲載されているURLより、セミナーレポートの続きをご覧いただけます。

※本コンテンツは、製品・ソリューションを導入検討されている企業様を対象としております。
同業の企業様、代理販売を行っている企業様や、個人の方のお申込みにつきましては、
お断りさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

入力いただきました方には、下記のようなセミナーレポートの完全版をご覧いただけます!

今後のセミナー開催案内をご希望の際は下記よりお問い合わせください。(案内状が出来次第、ご連絡させていただきます。)
  • お電話でのお問い合わせはこちら

    フリーダイヤル0120-023-019(受付時間:平日9:00〜17:30)

    Webフォームでのお問い合わせ

    情報システムセミナーなどのご質問・ご相談はお気軽にお問い合わせください。
    メールにて情報を案内させていただきます。

    メールにて案内を受け取る