情報システムセミナー[2015年 新春]IFRS・グループ管理 OBIC7 人事・給与情報ソリューションでのグループ共通基盤活用事例!
大規模グループでの共通基盤構築事例

日経産業新聞で報道され話題となった、三菱重工グループへの「OBIC7人事給与システム」導入。本体の三菱重工が導入しているSAP(ERP)と連携しながら、本社と子会社間で「部分最適」と「全体最適」を実現しています。当セミナーでは導入プロジェクトの推進主体であるMHIパーソネル社の野村代表取締役社長が登壇、システム共通基盤を構築するポイントや活用メリットなどについてご講演いただきました。来場者から質問が相次ぐ活況なセミナーとなりました。

2015年2月4日(水) 東京会場

B32
13:00-14:30
OBIC7 人事・給与情報ソリューションでのグループ共通基盤活用事例!
大規模グループでの共通基盤構築事例

野村 聡 氏
MHIパーソネル株式会社 代表取締役社長

共通基盤構築の狙い

MHIパーソネルは、2003年4月に三菱重工業株式会社の人事部門を分離して設立された会社です。主な業務として、親会社には人事システムの提供、国内グループ会社には人事給与システムや就業システムの導入、給与計算・旅費精算業務受託、福利厚生制度共通プラットホーム構築などを行っています。

MHIパーソネルの設立された2003年まで、三菱重工の人事システムは15カ所の事業所ごと個々に構築されていました。「従業員番号も各事業所で異なり、それぞれが独立した会社のようでした」と野村氏は振り返ります。システムを分散化していたため、人事情報の提供に時間と手間がかかり、人材の重複配置や業務の不統一などの問題が生じていました。そこで本体の三菱重工が導入したのがSAP人事システムです。これが分散化から「部分最適」「全体最適」への第一歩となりました。

次に三菱重工が注目したのがグループ各社の人事システムでした。グループ各社が個々にシステム構築しており、(1)各社独自仕様が多くシステム運営・維持費用が多額になってしまう、(2)グループ全体よりも個社優先、(3)業務標準化が図れない、(4)制度統一・システム統一に手間がかかる、(5)スケールメリットが出てこない、といった課題がありました。そこで打ち出されたのがグループ全体で活用できる共通基盤の構築です。「システム運用費用削減、業務の標準化、共通的制度の確立、経営資源(人・物・金・情報)の効果的活用を目指しました」と、野村氏は改革の狙いを語ります。

OBIC7人事給与システム選定のポイント

「比較対象とするシステムは、当初は『給与奉行』だけでしたが、比較項目が増えるに従って、SAPも含めきちんと比較することにしました」と野村氏は経緯を語ります。構築面からの比較ポイントは、コスト(イニシャル、ランニング)、構築期間、インフラの構築しやすさ、親会社とのシステム連携、人員規模にマッチするパッケージ内容、パートナー会社としての信頼性(サポート体制)など。業務面では、画面の見やすさ、改修のしやすさ、操作性、習熟しやすさなどを比較検討しました。

つづきは…

つづきの講演内容

  • 短期間・低コストで構築

これより先の内容は、以下のボタンよりアンケートにご回答いただいた方のみ閲覧可能です。

セミナーレポートの続きを見る
(アンケート入力フォームへ)

  1. ボタンを押して、アンケート入力フォームへとお進みください。
  2. 入力フォームの各項目を選択または入力してください。
  3. 登録された方に対して、弊社よりメールをお送りします。
  4. 3のメールに掲載されているURLより、セミナーレポートの続きをご覧いただけます。

※本コンテンツは、製品・ソリューションを導入検討されている企業様を対象としております。
同業の企業様、代理販売を行っている企業様や、個人の方のお申込みにつきましては、
お断りさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

入力いただきました方には、下記のようなセミナーレポートの完全版をご覧いただけます!

今後のセミナー開催案内をご希望の際は下記よりお問い合わせください。(案内状が出来次第、ご連絡させていただきます。)
  • お電話でのお問い合わせはこちら

    フリーダイヤル0120-023-019(受付時間:平日9:00〜17:30)

    Webフォームでのお問い合わせ

    情報システムセミナーなどのご質問・ご相談はお気軽にお問い合わせください。
    メールにて情報を案内させていただきます。

    メールにて案内を受け取る