情報システムセミナー[2014年 秋]ITトレンド 〜Windows Server 2003サポート終了から始まるITシステムの革新〜
クラウド、ビッグデータ、モバイル、ソーシャルを支える次世代ITインフラを実現せよ

Windows Server 2003のサポートが、2015年7月で終了します。サーバーのサポート終了はどのような影響を与え、どのような対策が必要なのでしょうか。多くの企業が移行を検討していますが、単なるサーバー移行で終わらせてよいものでしょうか? これからITの世界はクラウド、ビッグデータ、モビリティー、ソーシャルで形成される第3のプラットフォーム時代へと突入します。入谷氏は、Windows Server 2003のサポート終了は、新たな時代に向けてITインフラを再考する、またとないチャンスであると訴えます。入谷氏に続き、オービックからWindows Server 2012のプレゼンテーションとOBIC7クラウドの紹介がありました。間近に迫った早急な対応が求められるテーマのためか、午前中のセミナーにもかかわらず、多くの方が詰めかけ、熱心にメモを取っていました。

2014年10月29日(水) 東京会場

B11
9:30-11:00
〜Windows Server 2003サポート終了から始まるITシステムの革新〜
クラウド、ビッグデータ、モバイル、ソーシャルを支える次世代ITインフラを実現せよ

入谷 光浩 氏
IDC Japan株式会社 ソフトウェア&セキュリティ シニアマーケットアナリスト

Windows Server 2003サポート終了に向けて

IDCの調査によると、2014年10月末現在で約30万台、年末でも24万台のWindows Server 2003が稼働中と考えられます。「実際2社に1社はWindows Server 2003が残っています」と入谷氏は解説。

.

サポート終了の最大の影響は、「セキュリティー更新プログラムが提供されない」ことであると入谷氏は訴えます。パッチプログラムが提供されないことからシステムの脆弱性が露呈し、不正取引、悪意あるユーザーの侵入や攻撃、データの漏えい/改ざんの危険性が極めて高くなります。「最近でも業界トップクラスの有名企業から数千万件もの顧客データが流出し、大事件として報道されました。こうした社会的信頼失墜のインパクトには計り知れないものがあります」と入谷氏は警告します。

セキュリティーのみならず、老朽化や故障してもサポートが受けられない、システムが復旧できないなどのハードウエアのリスク、さらに問題への対応負担の増加、無駄な運用工数の発生、残業代などによるコストアップなど、運用負担のリスクも増大します。

サーバー移行には以下の3つのステップがあります。

ステップ 作業内容
棚卸
  • 2003サーバーの場所と台数の把握(支社、店舗も含めて)
  • 2003上のアプリケーション稼働状況の把握
  • 運用管理方法の確認
調査
  • アプリケーションの移行可否、バージョンアップ有無の確認
  • インフラに関する調査(ハードウエア、OS、仮想化など)
  • 新たな選択肢に関する調査(新規アプリケーション、クラウドなど)
検討
  • 移行先の選定(OS、仮想化、クラウドがポイントとなる)
  • 移行手順(全体設計、データの移行、検証・テストなど)
  • 移行スケジュール(日数や時期、業務への影響を考慮する)

つづきは…

つづきの講演内容

  • 移行のステップと注意点
  • 第3のプラットフォーム時代の到来

これより先の内容は、以下のボタンよりアンケートにご回答いただいた方のみ閲覧可能です。

セミナーレポートの続きを見る
(アンケート入力フォームへ)

  1. ボタンを押して、アンケート入力フォームへとお進みください。
  2. 入力フォームの各項目を選択または入力してください。
  3. 登録された方に対して、弊社よりメールをお送りします。
  4. 3のメールに掲載されているURLより、セミナーレポートの続きをご覧いただけます。

※本コンテンツは、製品・ソリューションを導入検討されている企業様を対象としております。
同業の企業様、代理販売を行っている企業様や、個人の方のお申込みにつきましては、
お断りさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

入力いただきました方には、下記のようなセミナーレポートの完全版をご覧いただけます!

今後のセミナー開催案内をご希望の際は下記よりお問い合わせください。(案内状が出来次第、ご連絡させていただきます。)
  • お電話でのお問い合わせはこちら

    フリーダイヤル0120-023-019(受付時間:平日9:00〜17:30)

    Webフォームでのお問い合わせ

    情報システムセミナーなどのご質問・ご相談はお気軽にお問い合わせください。
    メールにて情報を案内させていただきます。

    メールにて案内を受け取る