ニュースリリース

ニッキン(13面)にて、「不動産事業収支システム」に関する記事が掲載されました。

2017年5月19日
株式会社 オービック

 ニッキン(2017年5月19日 13面)にて、オービックの「不動産事業収支システム」に関する記事が掲載されました。

 近年、アパートローンの急拡大に伴い、当局から更なるリスク管理体制の強化が求められております。そのような中、このたびオービックでは、収支シミュレーションやストレステストなどにより、アパートローンのリスク管理を支援する「不動産事業収支システム」をリリースいたします。

 同システムでは、様々な切り口での収支シミュレーションや煩雑な賃貸物件全体のストレステストを簡易に行うことができます。また、初期審査から途上管理、集計・分析までを一気通貫で管理することで、審査の迅速化や業務効率化を実現します。さらに、オービックの「不動産担保システム」との連携により、営業店の業務負荷を軽減することも可能となります。

 オービックでは、今後も「不動産事業収支システム」の提供を通じ、各金融機関様のリスク管理や業務の効率化を支援してまいります。


※ 2017年6月9日(金)のオービック情報システムセミナーにおいて、本内容に関するセミナーを開催します。

【D42】 − 金融機関・不動産関連企業必見 −
アパートローンのリスク管理高度化に向けたOBIC7不動産事業収支・リスク管理ソリューション http://www.obic.co.jp/fair/tokyo.html


※ 本件に関するお問合せはこちらから承ります。

関連するリンク