ニュースリリース

ニッキン(13面)にて、「金融仲介機能のベンチマーク対応システム」に関する記事が掲載されました。

2017年1月20日
株式会社 オービック

 ニッキン(2017年1月20日 13面)にて、オービックの「金融仲介機能のベンチマーク対応システム」に関する記事が掲載されました。

 このたび、オービックでは、2016年9月に金融庁より公表された金融仲介機能のベンチマークについて、55項目すべてに対応した「金融仲介機能のベンチマーク対応システム」の本格展開を開始いたしました。

 同システムは、5項目の「共通ベンチマーク」、50項目の「選択ベンチマーク」の全55項目に必要なデータを、オービックの「総合融資支援ソリューション」や他社システム、エクセルなどの分散データから集約し、一つのデータベースで一括管理するため、項目ごとの相関関係など、より高度な分析が可能となります。 また、金融機関様ごとの独自の項目設定も含め、ベンチマークの変更や追加にも柔軟に対応しております。

 さらに、「総合融資支援ソリューション」の事業性評価機能との連携によって、取引先企業への提案活動と実績集計の一元的な管理も可能となりました。

 オービックでは、今後も「金融仲介機能のベンチマーク対応システム」の提供を通じ、各金融機関様の企業再生への取り組みの「見える化」を支援してまいります。

※ 本件に関するお問合せはこちらから承ります。

関連するリンク